HEPは「ゴミを捨てさせない活動」ラビッシュ・ラビットプロジェクト2022のスポンサーと成りました



HEPは、売上の一部を活用して「ゴミを捨てさせない活動」ラビッシュ・ラビットプロジェクト2022のスポンサーと成りました。

本プロジェクトは、2022年8月6日(土)〜7日(日)に実行され、無事に終了致しました。


■Rubbish Rabbit Project

Rubbish Rabbit Project(ラビッシュ・ラビット・プロジェクト)は、希少で美しい日本の河川環境でおこる、ユーザーのゴミ捨て問題を解決するため、キャラクターやブランディングを活かし、自然環境における【ゴミ放置】を不可能にするのが目的です。 ゴミ回収を行いますが、「主眼は、ゴミを置いていくなよ!」と声をかける事です。 キャラクターをせおった我々が率先して放置ゴミと戦う姿をみせます。 その姿勢がゴミを捨てられなくさせます。 RRP活動中、プロが川の遊び方を教え、最後はともに宴を持ちます。 この活動のキャラクターがラビッシュ・ラビット(ゴミウサギ)です。 新感覚のゴミ解決、ともに自然で遊びましょう。

(ラビッシュ・ラビット・プロジェクト公式サイトより)


企画:CALMA by RYO OKAMOTO



奈良県東吉野村、吉野川上流の高見川で、川遊びBBQによるゴミ置き去りが大問題になっています。信じられないことに、多くの川遊び客が大量の持ち込み食材やBBQ道具、子供のオムツなどを川にすてていきます。ラビッシュラビットプロジェクトは、単なるゴミ拾いではなく、ゴミを捨てさせないブランディングです。行為やメンバーをデザインし、見知らぬ川遊びの人々に声がけをしながら河川に存在する、在来ゴミ、外来ゴミとわず徹底的にゴミ回収します。

(rubbishrabbit_project 公式Instagramより)



ゴミを拾い、集め、「持ち帰ってね」と声を掛け合うという、世の中にとって明らかにポジティブな行為は、一周回って斜に構えてしまいそうな節があると思います。


ですがそれは「ラビッシュ・ラビット」プロジェクトによるデザインやブランドの力で、センスと遊び心溢れるアクティビティと様変わりします。


今後もこの活動にご注目頂き、またの機会にはぜひ実際にご参加ください。



▼全国の取扱い店舗一覧

DEALER


▼オンラインでのお買い物はこちら

HEP SHOP ONLINE